「富裕層」と聞くと、あなたはどのくらいの資産を持っている方を思い浮かべますか?

5千万以上?

1億円以上でしょうか?

富裕層という言葉の定義が曖昧で、いまいち掴めないという方も多いと思います。

そこで今回は、富裕層とは資産がいくらからを指すのかをご紹介していきます。

また、富裕層の方の年収についても記載していますので、ぜひご参考にしてくださいね。

富裕層って資産がいくらからを指すの?

富裕層とは、純金融資産保有額(保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた値)が、1億円を超えることを指します。

日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円にものぼるそう…。

昔から「億万長者」という言葉があるように、やはり1億円以上の資産をお持ちの方が富裕層と呼ばれるのですね。

私には高額過ぎて、いまいち現実味がないのですが、あなたはいかがですか?

また、富裕層にも種類があり、下記のように分類できますのでご覧ください。

超富裕層・・・5億円以上

富裕層・・・1億円以上、5億円未満

準富裕層・・・5千万円以上、1億円未満

アッパーマス層・・・3千万円以上、5千万円未満

マス層・・・3千万円未満

このように分類できます。

富裕層の年収ってどれくらいなの?

サラリーマンの場合、年金・源泉徴収・保険料等を差し引いて、手取りは7百万円~8百万円と推定されます。

それに対し、富裕層の年収は1千万円〜2千万円以上と推定されます。

しかし、冒頭でも記載しましたが、富裕層というと定義は曖昧な部分が多々あります。

そのため

・年収2千万円以上の方が富裕層

・年収1千万円以上の方が富裕層

・3千万円以上の税金を納めている高額納税者が富裕層

と意見が分かれる事もあります。

何れにせよ、お金持ちという事に変わりはありませんよね。

すごいです!

では、日本の富裕層と貧困層ではどの位の差があるのでしょうか?

下記でご説明していきますね。

日本の富裕層と貧困層の差は?

日本には「格差社会が大々的に問題視されている」というイメージが他国よりも薄いですよね?

しかし実際は、富裕層と貧困層を比べると大きな差があるのが事実です。

現在、日本国内の富裕層は約80万人といわれています。

それに対し、年収3百万円以下の貧困層(低所得者)といわれる人口は約2千万人もいるのです。

この差は意外ですよね。

日本は先進国の中でも多くの貧困層を抱えているのが現状です。

また、景気が良くなったものの、未だに低所得で労働を課せられている方もいらっしゃいますし、高齢化社会の影響を考えると、これから貧困層はどんどん増加していくと予想されます。

日本の格差社会が身近な問題になってくるのも、そう遠くない未来かもしれませんね。

富裕層の資産額や年収!

今回は、富裕層の方の資産額や年収、そして貧困層との差をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

富裕層の定義には曖昧な部分がありますが、純金融資産保有額1億円以上の方を指します。

また、年収1千万円〜2千万円以上の方も富裕層と言われるのが一般的なようです。

そして、富裕層と貧困層の差も、これから問題視される可能性が高いですね。