あなたは「晴れの日より曇りの日の方が紫外線が強い」という噂を聞いた事はありませんか?

晴れの日に紫外線が強いのは言わずとも知れた事ですが、何故、曇りの日の方が紫外線が強いと言われているのでしょう?

雲が太陽を覆っているはずなのに、不思議ですよね。

いったいどんなメカニズムが働いているのか、気になっている方も多いはず…。

そこで今回は、晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強いと言われる理由についてご紹介していきます。

また、何故このような噂が広まったのかについても記載していますので、ぜひ最後までご覧ください!

晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強いといわれる理由とは?

結論から言いますと、晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強いというのはデマです。

気象庁のHPによると、紫外線は晴れの日と比較して

・うす曇りの日→約80~90%

・くもりの日→約60%

・雨の日→約30%

の量になると記載されています。

これを見ると、曇りの日の方が紫外線量が少ない事がわかりますね。

しかし、安心してはいけません!

雲の間から太陽が出ている場合、雲からの散乱光が加わる為、晴れの日よりも紫外線量が多くなる事があるのです。

雲の形次第で紫外線量が変わるなんて、驚きですし、とても厄介ですよね。

よって、日焼けを気にする方は、晴れの日・薄曇りの日・曇りの日・雨の日など関係なく、紫外線対策を行う事をオススメします!

曇りの日の方が紫外線が強いという噂が広まった理由って?

太陽の日差しが照りつけている日なら「日焼け対策しなきゃ!」と強く思いますよね。

しかし、曇りの日には「今日は曇っているから、日焼け対策はいいか」と疎かになってしまいがちです。

この影響で、日焼けしやすくなってしまうのです。

また、紫外線にはUVAとUVBの2種類が存在し、この内UVAの方は1年を通して降り注いでいます。

晴れの日でも、薄曇りの日でも、曇りの日でも、雨の日でも関係なしです。

さらに厄介なのが、UVAは雲やガラスさえも通り抜け、私たちの肌内部にまで影響を及ぼすという点です。

その結果、シミ・シワ・たるみ等の肌トラブルを招くのですよ。

UVAによる日焼けは、肌を赤くし炎症させるUVBと違って気づきにくいです。

ですが、確実に肌にダメージを与えますし、浴び続けると肌は焼けていきます。

曇りの日の方が紫外線が強いという噂は

・雲の散乱光で晴れの日よりも紫外線が強くなっている

・曇りの日は日焼け対策が疎かになっている

・UVAの影響

の、3つの理由から生じたのかもしれませんね。

あなたも、美肌やアンチエイジングを目指すなら、毎日必ず紫外線対策をするようにしましょう!

曇りの日でも降り注ぐ紫外線に万全の対策を!

今回は、晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強いといわれる理由についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

残念ながら、この噂はデマで、晴れの日の方が紫外線は強いです。

しかし、曇りの日でも雲の散乱光の影響で、晴れの日よりも紫外線量が増加する事もあります。

よって「今日は曇っているから、日焼け止めはなくてもいいか」と紫外線対策を疎かにせず、必ず何かしらの対策を取りましょう。

また、UVAは1年365日、降り注いでいます。

目に見えるあからさまな日焼けは引き起こしませんが、肌の奥深くにまで浸透して日焼けや肌の老化を招くので要注意ですよ!

外出の際・ベランダや庭に出る際・窓際にいる事が多い方は、UVA対策も行うようにしましょう!