積極的休息とは何?やり方や効果をチェックしてみよう!

あなたは「積極的休息」という言葉をご存知ですか?

この休息方法は、現在注目されている健康法で、積極的休息を取り入れるスポーツ選手も少なくありません。

そんな積極的休息ですが、言葉だけ見ると、「積極的に休む!寝る!」といった印象を受けますよね?

でも、実際はどうなのでしょう?

そこで今回は、積極的休息とは何かをご紹介していきます。

また、積極的休息の効果ややり方についても記載していますので、ぜひご参考にしてくださいね!

積極的休息とは?どんな効果があるの?

休息には、「消極的休息」と「積極的休息」の2種類があります。

消極的休息とは、昼寝をしたり、入浴したりと、体を動かさずじっとしている休息の事を言います。

この消極的休息は、肉体疲労を回復させるのに有効です。

しかし、消極的休息を長期間続けていると、かえって疲労感が蓄積し、体調を崩してしまう事もあります。

「寝過ぎて頭が痛い」

「一日中ゴロゴロしてたら、余計に疲れた」

等の経験は、あなたにもあると思います。

これが、消極的休息のデメリットです。

そんな休日が続くあなたにオススメしたいのが、積極的休息です。

これは、ウォーキングやジョギング等の有酸素運動を積極的に取り入れる疲労回復方法を指します。

適度に体を動かす事で血行が促され、疲労物質である乳酸の分解をスムーズに行えるのです。

これにより、消極的休息よりも倍のスピードで疲労回復する事ができるのですよ。

また、筋肉痛の抑制や、関節の使い過ぎによるケガ予防等の効果も期待できます。

さらに、適度な運動は精神的な疲労回復にも有効です。

このように様々な効果のある積極的休息ですが、果たしてどのように取り入れればいいのでしょうか?

下記では、積極的休息のやり方についてご紹介していきますね!

積極的休息のやり方とは?

上記でも記載しましたが、積極的休息は有酸素運動を取り入れる健康法です。

よって

・ウォーキング

・ジョギング

・ヨガ

・踏み台昇降

・水中ウォーキング

・エアロビクス

・軽いストレッチ

等の運動を取り入れましょう。

しかし、注意すべき点もあります。

それは「頑張り過ぎない事」です。

張り切って過剰に運動すると、疲労回復には繋がりません。

例えば、ウォーキングなら軽く汗ばむ程度、ジョギングなら会話ができる程度で体を動かしましょう。

あなたの体力の八分目程の力で行うのが理想ですので、覚えておいてくださいね。

積極的休息の効果で疲労回復を目指そう!

今回は、積極的休息の効果ややり方についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

積極的休息は、疲れた時こそ体を動かして疲労回復のスピードを早めようという健康法です。

「最近、疲れがとれない」

「休みの日はずっと寝てるから、夜になると体がだるい」

といったお悩みをお持ちの方は、ぜひ取り入れてみてください!

しかし、無理して運動する必要はありません。

積極的休息と消極的休息は、あなたの心身と相談して行うのがベストです。

この2つの休息方法を使い分け、日頃の疲れから解放されましょう!