「ダイエットをしても下半身だけ痩せない」

「パンツを選ぶ際はウエストではなく、太ももで選んでいるから、ベルトが必須」

このようなお悩みを持っているあなた!

何故、上半身のダイエットには成功するのに、下半身だけが痩せないのか気になりませんか?

今回は、下半身が太い人の理由についてご紹介していきます。

また、5分でできる下半身痩せ体操もいくつか記載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

下半身が太い人の理由とは?

食生活の乱れ

・味の濃いものや脂っこいものが好き

・お酒をよく飲む

・下半身の冷えが酷い

という方は、食生活の乱れが原因で下半身太りを招いている可能性があります。

不摂生な生活をしていると、血行不良が生じて体がむくみやすくなってしまいます。

その結果、セルライトの増加や脂肪を代謝させるミトコンドリアの破壊を招いてしまうことがあります。

下半身がなかなか痩せないという方は、まず食事の内容を見直してみましょう。

骨盤の歪み

上半身と下半身の境目にある骨盤には全身のバランスを保つ大事な役割があります。

しかし、下記に当てはまる方は骨盤が歪んでいる可能性があり、それが下半身太りの原因になっているかもしれません。

・脚を組むことが多い

・姿勢がいつも悪い

・片足に重心をかける癖がある

・産後

・ハイヒールをよく履く

・足に合っていない靴をよく履く 等

骨盤の歪みは下半身の血行不良を招き、代謝を悪くしてしまいます。

そのため、脂肪がつきやすくなってしまうのですよ。

水分不足

「水を飲み過ぎると足がむくみやすくなる」という噂をよく耳にしますが、実はこの噂は間違いです。

水分の摂取を抑えていると、血行不良が生じて老廃物が蓄積し、むくみが生じてしまうことがあります。

ですので、1日1.5〜2Lの水分摂取を心がけましょう。

血行やリンパの滞り

ふくらはぎの筋肉は、下半身の血液やリンパを流す大切な部位です。

ですが、ふくらはぎの筋肉が弱いと血液や老廃物を流す事ができず、むくみの原因となってしまうのです。

長時間同じ姿勢でいる事が多い方や運動不足の方は、脚の筋肉をつけて血液やリンパの流れをよくするといいですよ。

内転筋の衰え

内転筋とは、内もも全体にある大きな筋肉の事を言います。

この筋肉が衰えると、外側の筋肉に引っ張られて股関節が歪んでしまったり、O脚やガニ股の原因となってしまいます。

上記でも記載しましたが、下半身の骨の歪みは代謝ダウンに繋がり、脂肪が付きやすくなってしまいますので注意が必要ですよ。

この5点が下半身太りの主な原因です。

あなたは上記のいずれかに当てはまっていませんか?

もし、当てはまっているのなら、それを改善すれば下半身痩せは難しいでしょう。

下記では、そんなお悩みを解消するための体操をご紹介していますので、ぜひチャレンジしてみてください!

5分でできる!下半身痩せに効果的な体操をご紹介!!

ふくらはぎに効果的な体操

*かかと&つま先上げ体操*

ステップ1:椅子に座り膝を90°に曲げ、かかとを上げる

ステップ2:かかとを戻し、次はつま先を上げる

ステップ3:ステップ1 とステップ2を繰り返す

とても簡単な体操ですが、ふくらはぎと脛の引き締めに効果があります。

20回を1セットとし、1日3セット行いましょう。

*かかと上げ体操*

ステップ1:椅子に座り膝を90°に曲げ、かかとを上げる

ステップ2:かかとを地面につくギリギリのところまで下ろし、またかかとを上げる

こちらもかかとを上げる体操で、ふくらはぎの引き締めに効果的です。

15回を1セットとし、1日3セット行いましょう。

太ももに効果的な体操

*タオル挟み体操*

ステップ1:真っ直ぐに立ち、タオルを四つ折りにして太ももの間に挟む

ステップ2:タオルを潰すようにギュッと内ももの筋肉に力を入れて5秒間キープ

ステップ3:力を抜いて、また5秒間力を入れる

こちらはタオルを用いたトレーニングで、太ももの内側痩せに効果的です。

1セットを10回とし、1日3セット行いましょう。

*お尻歩き体操*

ステップ1:床に両足を伸ばして座り、腰が丸まらないように胸を張る

ステップ2:右のお尻だけを持ち上げて前に進み、次は左のお尻を持ち上げて前に進む

お尻歩き体操は、太ももの前面にある筋肉を使いますので、お尻から膝までを引き締めるのに効果的です。

ステップ2の動きを繰り返すと共に、腕を前後に大きく振りながら進むとより効果的ですよ。

左右20歩前進を1セットとし、1日3セット行いましょう。

下半身全てに効果的な体操

*エア自転車こぎ体操*

ステップ1:仰向けになり、手で腰を支えながら腰から下を浮かす

ステップ2:自転車のペダルをこぐように、お尻から大きく足を回す

こちらは、下半身を大きく動かすことができる体操ですので、下半身全体に効果的です。

できる人は腰を上げて、腰が痛い人は、背中を床につけて行ってください。

左右15回ずつを1セットとし、1日3セット行いましょう。

*足首回し体操*

ステップ1:椅子に座って膝を90°に曲げ、右足を曲げて左の太ももに乗せる

ステップ2:左手で右足を持ち、左手と右足の指を絡めるように握る

ステップ3:ステップ2の状態のまま、左手で右の足首をぐるぐると回す

この足首回し体操を行う事で血行が促され、下半身痩せの効果を得られます。

時計回し・反時計回しそれぞれ20回を1セットとし、1日3セット行いましょう。

全身に効果的!スクワット

ステップ1:足を肩幅程度に開き、つま先をやや外側に開く

ステップ2:頭の後ろで手を組み、胸を張る

ステップ3:後ろに椅子があるとイメージし、椅子に腰かけるようにしゃがむ

ステップ4:太ももが地面と平行になるまでしゃがみ、そこからゆっくりと立ち上がる

スクワットは下半身だけでなく、全身痩せに効果的ですので、ダイエット中の方にはオススメのトレーニングです。

1セットを10回とし、1日3セット行いましょう。

履くだけで細くすっきりの秘密とは

簡単に細くすっきりしたい!という方におすすめなのが「骨盤ガードル」

その中でも、楽天ランキングでも1位の実績を誇る、美容雑誌にも多数取り上げられ、話題になっています。

独自のサポートベルトを編みこんだ「骨盤ガードル ビューティーシルエット」は、程よいホールド感で、1日中履いていても苦しくありません。

履いたその日から、下半身のボディラインがシェイプされると口コミが話題の骨盤ガードル、あなたもためしてみませんか?

骨盤ガードルはこちらからチェック!↓↓↓


5分でできる下半身痩せ体操でスマートボディに!

今回は、下半身が太い人の理由と、5分でできる簡単な下半身痩せ体操についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

下半身が太い、または痩せないのは

・食生活の乱れ

・骨盤の歪み

・水分不足

・血行やリンパの滞り

・内転筋の衰え

が主な原因です。

上記に当てはまる方は、まず毎日の習慣を見直してみてくださいね。

また、習慣の改善と共に取り入れていただきたいのが、下半身痩せ体操です。

また、さらに簡単に下半身をすっきりさせたい方には、骨盤ガードルもおすすめです。

効率よく下半身痩せを行い、全身ダイエットに成功しましょう!