私たちの身近にある食品のひとつ、「昆布」。

スーパーやコンビニで手軽に購入する事ができますので、毎日のお料理に使われているご家庭は多いと思います。

昆布そのものを食べたり、出汁を取ったりと、使い勝手も良いので主婦・主夫の味方ですよね。

そんな昆布ですが、実は素晴らしい健康効果を持っているってご存知でしたか?

今回は、昆布の健康効果についてご紹介していきます。

また、昆布に含まれる「グルタミン酸」という成分についても記載していますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

昆布の健康効果とは?

コレステロール値の上昇抑制

昆布には特有の粘り気がありますよね。

この粘り成分は「アルギン酸」や「フコダイン」という水溶性食物繊維です。

これらの水溶性食物繊維には、糖質や脂質の吸収を抑制し、コレステロール値の上昇を防ぐ効果があります。

便秘改善

上記でも記載しましたが、昆布には水溶性食物繊維が含まれています。

この水溶性食物繊維には便を柔らかくし、スムーズに排出させる効果があります。

つまり、便秘改善に有効というわけなのです。

便秘がちな女性にとっては、嬉しい効果ですよね。

免疫力アップ

免疫細胞の約70%は腸内で生み出されています。

しかし、便秘等で腸内環境が悪くなると、免疫力は下がる一方…。

ですが、昆布に含まれる水溶性食物繊維で便秘を改善すると、腸内環境も良くなります。

その結果、免疫力アップに繋がります。

免疫力が上がると風邪やインフルエンザにかかりにくくなりますので、寒い季節は積極的に摂取すると良いでしょう。

昆布に含まれる「グルタミン酸」に注目!その効果とは?

そもそもグルタミン酸って?

グルタミン酸とはアミノ酸の一種で、「2-アミノペンタン二酸」や「2-アミノグルタル酸」とも言われている成分です。

また、「イノシン酸」「グアニル酸」等と並ぶうま味成分のひとつでもあります。

もっと簡単に言うと、昆布で出汁を取ると、お料理がとても美味しくなりますよね。

その昆布出汁の美味しさを出しているのがグルタミン酸です。

では、そんなグルタミン酸にはどのような健康効果があるのでしょう?

下記で詳しくご紹介していきますね。

グルタミン酸の効果とは?

*減塩に繋がる*

上記でも記載しましたが、グルタミン酸はうま味成分のひとつです。

よって、昆布で出汁を取る事でうま味が出て、お料理に使用する調味料の分量を減らせるため、減塩に繋がるのです。

健康管理のため減塩を心がけている方は、ぜひ昆布で出汁を取ってみてください。

美味しく減塩する事に成功するはずですよ。

*胃腸の働きを良くする*

グルタミン酸は、胃腸の働きを良くして過食を防ぐ効果があります。

「いつも、ついつい食べ過ぎてしまうから、胃が弱っている気がする」

「最近、胃腸の調子が悪い」

という方も、グルタミン酸の摂取で改善が見られるかもしれませんよ。

*血糖値の上昇抑制&ダイエット効果*

グルタミン酸には、脂肪の吸収を抑制する作用や、血糖値の急激な上昇を抑える作用もあります。

ですので、高血糖の方やダイエット中の方にもオススメの成分と言えるでしょう。

*内蔵脂肪の蓄積抑制*

昆布出汁には、内臓脂肪の蓄積が抑えられるという動物実験の報告もあります。

ですが、まだ動物実験の段階ですので、絶対とは言えませんが、期待できますね。

*脳の活性化*

グルタミン酸は興奮性の神経伝達物質でもあります。

そのため、脳を活性化し、記憶力や学習能力をアップさせる効果も期待できます。

しかし、こちらも未だ実験途中ですので、確かな効果とは言い切れません。

上記がグルタミン酸の健康効果です。

グルタミン酸には未だ解明されていない効果がありますが、体に良い事は確かなようですね。

食生活が乱れがちな方など、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ねこぶだし(ボトルタイプ)《北海道日高昆布の栄養豊富な根昆布を使用!》500ml×6本 だし/日高昆布/出汁/ねこんぶだし

価格:4,180円
(2018/10/6 03:45時点)
感想(4720件)

毎日の食事に昆布を取り入れて健康効果を得よう!

今回は、昆布の健康効果とグルタミン酸についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

私たちが普段、何気なく見ている昆布には、様々な健康効果がある事がお分かりいただけたと思います。

昆布に含まれる成分には

・血糖値の上昇抑制

・過食抑制

・腸内環境の改善

・免疫力アップ

等の効果がありますので、生活習慣病や食生活の乱れが気になる方には、特にオススメです。

健康と美味しいお料理の両方を手に入れたい方は、ぜひ昆布を取り入れてみてくださいね!