最近、やけにPayPalからメールが届くようになりました。

件名は、「PayPalは制限されています」というもの。

その下には、「PayPalアカウントに移動します」というリンクがついています。

そもそもこの時点で、withdrawalのスペルが、間違っていることに気づけばよかったのです。怪しいですよね。

そのメールの続きはこちら↓

(今思えば)なんだか日本語も怪しい。。。

でもとりあえず何が起こったか調べようと思い、リンクをクリックしました。

すると、見慣れたアドレス入力の画面

その後は、パスワード入力の画面

でも、パスワードをすっかり忘れてしまい、勘で適当なのを書いたら、次の画面に

突然、「カードを更新する」の画面が!

これ、唐突すぎませんか?

怪しいと思い、「ペイパル、詐欺」で調べたら

これ詐欺メールでした!

そこで、パスワードの画面に戻り、また適当なのを書いてみたら、問題なく「カードを更新する」の画面に移行!

PayPal詐欺のリンクはクリックしないで!

カード情報を入力しないのはもちろんのこと

どうやら、アドレスとパスワード情報を盗む、というのも目的の詐欺もあるようなので

メールは消去!

気になる方は、正式なPayPalのホームページからログインして、チェックです。

私も、正式なホームページから、先ほど勘で書いたパスワードを入力したら、間違いだと出て、今ホッと一息しております。

他の形での、PayPal詐欺もあるようなので、どうぞお気を付けください!