沢山食べて、お腹もいっぱいなのに、なぜかもっと食べたくなってしまう!

突然、味が濃いものや甘いものが欲しくなる!

食べすぎだと分かっていても、止められずもっとたべてしまう!

落ち込んだり悲しいことがあると、甘いものが食べたくなる!

暇なとき、つい何かを口にしてしまう!

なんて経験ありませんか?

ということで、お腹がいっぱいなのに食べたい時の対処法をみていきましょう!

なぜお腹がいっぱいなのに食べてしまうの?

お腹がいっぱいなのに、またはお腹が空いていないのに、食べてしまうのは

エモーショナルイーティング」である可能性があります。

エモーショナル、つまり感情で食べてしまう。

体が欲する食欲ではなく、感情が欲する食欲ですね。

エモーショナルイーティングに陥ってしまう原因は

  • ストレスがかかっている
  • 習慣化されてしまった食習慣

といわれています。

ストレスを感じると大量に分泌される「コルチゾール」の影響で、体がストレスに対応するためにエネルギーを沢山確保しようとして、食欲が増えてしまいます。

さらに、コルチゾールが増加すると、摂食抑制作用のあるレプチンが減少してしまうことで、満腹感を感じにくくなるのです。

またエモーショナルイーティングを繰り返していると、その刺激や欲求を得る習慣がついてしまい、体が食べ物を求め続けてしまう、ということも起こることがあります。

一時的なら良いのですが、こんな状態を続けていると、食事のバランスを崩してしまったり、腹痛や胃もたれにつながってしまうこともあります。

お腹がいっぱいなのに食べたい時の対処法とは

では、お腹がいっぱいなのに食べたい時の対処法です!

もちろんストレスの原因を取り除ければ一番いいのですが、簡単なことではありません。

簡単に試せる対処法として、2つご紹介します。

  • 食べるのを30分待ってみる

エモーショナルイーティングは、意識せずに食べ物を口にしていることが多いので、食べる前に30分だけ待ってみると、突発的に食べることが抑えられることがあります。

食べる前のたった30分だけ、待ってみてください。

  • 食べたものを記録して視覚化してみる

この方法は、ダイエットにも使われている方法です

この方法を利用して、意識せずに食べ物を口に入れてしまっている状態を、記録することで視覚化して、食べ物のバランスをチェックしてみましょう。

客観的に、自分がどれだけ食べているのか捉えることで、食べすぎ防止につながります。

どちらも、「今の食欲が、本当に体が欲しているものなのか

といったん立ち止まって考えるきっかけになると思います。

ぜひ、日々の中にこれらの習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。