女の子の健やかな成長と健康を願う日「桃の節句」は毎年3月3日

「ひな祭り」とも呼ばれ、ひな人形が飾られます。

でも、このひな人形は「片付けるのが遅れると、お嫁に行くのが遅くなる」なんて言われることもあり、出す時期そして片付ける時期が気になりますよね。

ということで今回は、ひな祭りの飾りはいつからいつまで出すものなのか、について解説していきます!

ひな祭りの飾りはいつ出していつ片付けるの?

実はこの時期、ちゃんとした決まりはないのですが、一般的には

  • 立春(節分の翌日、2月4日頃)から2月中旬に飾る
  • 桃の節句(3月3日)が終わったらなるべく早く(2週間以内)片付ける

のが良いとされています。

節分に豆で厄をお払いしたら、ひな祭りを飾り、桃の節句が終わったら、ひな人形のお役目を終えるため、なるべく早く片付けましょう。

ひな人形は湿気に弱いので、天気が良く湿気の少ない日を選ぶことを、おすすめします。

ひな祭りとは?ひな祭りの由来を紹介!

諸説ある、ひな祭りの由来の中でも「中国で行われていた、上巳(じょうし)の節句」が日本に伝わった説が有力、といわれています。

もともと古代中国では、1・3・5・7・9の奇数が重なる日に、お供えやお祓いをする風習がありました。

上巳の節というのは、人形に邪気を移して川に流す「流し雛」という、邪気や厄を払うために行われていた行事でした。時と共に、流し雛の人形が立派になり、川に流す代わりに、家に飾るようになっていったということです。

ひな祭りのお祝いの仕方

ひな祭りでは、ちらし寿司や蛤(はまぐり)のお吸い物を食べて、桃の節句をお祝いします。

色々な具を混ぜて作るちらし寿司には、将来食べるものに困らないように、という願いが

そして、蛤のお吸い物には、蛤の貝殻のように、ぴったりと合うパートナーが見つかり、一生幸せに添い遂げられるように、との願いが込められているのです。

餅やひなあられなども、女の子の健やかな成長と幸せを願う食べ物とされています。

ひな人形を飾り、おめでたい食べ物を食べて、桃の節句をお祝いしましょう。