使いきれない人参、そのまま腐らしてしまってはもったいないですよね。

そんなときは、冷凍保存をおすすめします。

にんじんは、栄養価もそのままに冷凍保存できますので、ぜひご活用ください!

にんじんは冷凍しても栄養は大丈夫?

にんじんは、栄養価を保ったまま冷凍することができます。

注意していただきたいのが、にんじんの栄養は生のままですと徐々に落ちていきますので、冷凍するのであれば、なるべく新鮮なうちに冷凍保存しましょう!

また解凍時にドリップが出ると、栄養も一緒に流れていってしまうので、解凍時には注意が必要です。

ただ、冷凍して解凍すると、ふにゃふにゃになってしまったりと、食感が悪くなることがありますので、冷凍保存の方法にはポイントがあります。

にんじんの冷凍保存の方法

生のまま冷凍する

  1. にんじんを洗って、皮をむきます。
  2. 細切り、または薄切りにします。(大きめに切ると食感が悪くなるため)
  3. 細切りまたは薄切りにしたにんじんを、1回使う分ごとに分けてラップで包みます。
  4. なるべく平らにした状態で、フリーザーバックに入れ、空気をきちんと抜いて、閉めましょう。
  5. 平らにした状態で、冷凍します。

ゆでてから冷凍する

  1. にんじんを洗って、皮をむきます。
  2. いちょう切り、乱切りなど、使いたい料理に合わせてカットします。
  3. 鍋に湯を沸かして、少し芯が残る位で、硬めに茹でます。
  4. 茹でたにんじんを取り出して、キッチンペーパーなどで、しっかりと水気をとります。
  5. 小分けにしてラップに包み、なるべく平らにした状態でフリーザーバックに入れて、空気をきちんと抜いて、閉めましょう。
  6. 平らにした状態で冷凍します。

冷凍したにんじんは、1カ月ほどで使い切ってください!

冷凍人参で作れる料理

冷凍したにんじんは、ドリップなどが出ないように、凍ったまま使うことをおすすめします!

生のまま冷凍した細切りにんじん

細切りやスライスした冷凍したにんじんは、炒める料理に向いていて、煮物などには向いていません。

きんぴらごぼうに入れたり、にんじんしりしりなどに使うのがおすすめです。

小さくカットしてゆでてから冷凍したにんじん

小さくカットしてゆでてから冷凍したにんじんは、カレーなどに向いています。

カレーは、他の野菜が柔らかくなったら、凍ったにんじんを入れて、その後にカレールーを入れましょう。

カロテンなど、栄養が豊富なにんじんを、冷凍保存を活用しながら、美味しく食べましょう!