カレーは私たちの身近にある家庭料理ですが、何だか物足りない・もっと美味しく作りたいとお考えの方は多いと思います。

そんな方にオススメなのが、TVや雑誌で大人気の「家事えもん」さんが考案する2つのカレーレシピです。

1つ目は冷蔵庫に眠るある調味料を使って、カレーにコクとまろやかさを出すレシピで、2つ目はカレーと麻婆豆腐をダブルで楽しめるレシピになっています。

又、レシピの解説やポイントも記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

家事えもん流のカレーレシピをご紹介!コク旨カレーの作り方とは!?

材料

カレールー適量

水600ml

鶏肉150g

お好みの具材(じゃがいも・にんじん・たまねぎ等)

焼肉のタレ大さじ3杯

コーヒーミルク1個

レシピ

ステップ1:鶏肉と鶏皮を分け、鶏皮を細かく切って鍋で炒める

ステップ2:鶏皮の油が出てきたら取り出し、その油で鶏肉を炒める

ステップ3:焼肉のタレを加えて、さらに火が通るまで鶏肉を炒める(この時、お好きな具材も一緒に炒める)

ステップ4:水を加えて沸騰させ、具材が柔らかくなるまで弱火~中火で約15分煮込む

ステップ5:一旦火を止めてルーを割り入れて溶かし、とろみがつくまで約10分煮込む

ステップ6:ご飯とカレーを器に盛り、ルーの上にコーヒーミルクをかければ完成

レシピの解説・ポイント

いつものカレーにコクやまろやかさが欠けているのなら、上記のレシピを試してみて下さい。

焼肉のタレには、すりおろしリンゴ・ニンニク・黒蜜・様々な油等が含まれている為、カレーのコク出しには最適の調味料なのです。

又、コーヒーミルクに含まれる植物油脂がカレーにまろやかさを出してくれるのですよ。

実際に私の家庭でもカレーに焼肉のタレを加えるようにしていますが、コクや旨味が出て美味しさがアップするのは間違いなしです。

冷蔵庫に眠っている焼肉のタレやコーヒーミルクがあるのなら、ぜひカレーに利用してみて下さいね!

家事えもん流のカレーレシピをご紹介!麻婆カレーの作り方とは!?

材料

冷たいご飯250g

豆腐1/2丁

レトルトカレー(中辛)一袋

豚ひき肉100g

長ねぎ1/4本(10cm程)

味噌大さじ1杯

チューブ生姜1/2杯

チューブニンニク小さじ1/2杯

穂先メンマ25g

ごま油小さじ1杯

ラー油適量

イタリアンパセリ適量

レシピ

ステップ1:フライパンを熱してごま油をひき、豆腐(1/2丁)を切らずにフライパンへ入れて焼く

ステップ2:器の真ん中に冷たいままのご飯を盛り、レトルトカレー(1/2袋)をご飯の片側に盛る

ステップ3:ご飯とカレーを盛った器にラップをして電子レンジで2分(500W)加熱する

ステップ4:フライパンで焼いていた豆腐を立て、側面を焼いていく

ステップ5:フライパンの空いている場所に豚ひき肉を入れて焼き、さらに空いている場所に味噌・チューブ生姜・チューブニンニクを入れる

ステップ6:ヘラ等を使って豆腐を食べやすいサイズに切り、穂先メンマを入れてひき肉と炒め合わせる

ステップ7:レトルトカレー(残りの1/2袋)に入っているジャガイモを袋の上から手で揉んで潰し、フライパンに入れたら全体を炒め合わせる

ステップ8:ラー油とみじん切りにした長ねぎをフライパンに入れ、混ぜながら軽く火を通す

ステップ9:麻婆豆腐をご飯のもう片側に盛り、イタリアンパセリを中央のご飯に散らせば完成

レシピの解説・ポイント

フライパンだけで2種類の味を楽しめるこのカレーは、普通のカレーに飽きてしまった方にもってこいだと思います。

レシピのポイントは、味が染みこみやすくなるように豆腐を焼く事・味噌でコクを出す事・カレールーで辛味を出す事・ジャガイモを潰して麻婆豆腐にとろみをつける事です。

この4つを意識しながら、普段とは違うカレーを楽しみましょう!

家事えもん流のレシピでいつものカレーをもっと美味しく!

今回は、家事えもん流のカレーレシピについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

コク旨カレーの方は、残っている焼肉のタレやコーヒーミルクで簡単に作る事ができますので、普段のカレーにひと工夫加えたい方にオススメです。

又、トロッとしたカレーがお好みの方は、煮込む際にみじん切りにしたたまねぎを加えるのもいいですよ。

そして、麻婆カレーの方は、一食で2つの味を楽しみたい方にオススメです。

市販のレトルトカレー・味噌・生姜・ニンニクを使う事で、簡単に麻婆豆腐が作れますので、カレーやご飯と合わせて味わってみて下さい。

家事えもんの2つのカレーレシピを真似して、料理の楽しみを増やしましょうね!