2月14日といえば、大切な人や好きな人にチョコレートを贈る、バレンタインデーですね!

この時期になると、お店もバレンタインデー仕様で華やぎ、楽しい雰囲気で包まれます。

さて、このバレンタインデーって日本では、どうやって始まったのでしょうか。

日本でのバレンタインデーの由来、そしてそもそもの由来も解説していきます。

バレンタインデーの由来、日本ではいつから始まったの?

  • バレンタインは関西から始まった

外国の行事であったバレンタインデーが、日本で初めて紹介されたのは、なんと1932年の関西でのこと。

神戸の有名チョコレートメーカー「モロゾフ」が、「バレンタインデーにチョコレートを贈る」というスタイルを紹介しました。

モロゾフの創業者が、欧米では2月14日に愛する人に贈り物をする、という文化を日本にも広めたかった、と考えたことがきっかけでした。

1935年2月に、モロゾフによる日本初のバレンタインデー広告が出され、その後もバレンタインの広告を打ち出し続けたといいます。

バレンタインが日本に定着し出したのは、1951年頃のこと。

真っ赤なハート型パッケージのチョコレートでバレンタインを宣伝したところ、大阪の阪急百貨店の目にとまり、毎年の恒例行事になっていきました。

  • 関東にはいつ広まったの?

関東にもバレンタインデーの行事が広まったのは、1958年のこと。

こちらも有名なチョコレートメーカー「メリーチョコレートカンパニー」が新宿伊勢丹にバレンタインセールの看板広告を出したことが、始まりです。

しかし、当時は注目も集まらず、全然チョコレートは売れませんでしたが、翌年は「ハート型のチョコレート」や「女性から男性へ」というメッセージも付け加えられました。

その後は、1960年から1965年にかけて、毎年沢山の広告を打ち出すことで、徐々に知られるようになり、1965年には伊勢丹でバレンタインフェアが行われるまでになりました。

バレンタインデーは、1970年代には、OL達に人気になり、1980年代には義理チョコ、ここ数十年では友チョコご褒美チョコ逆チョコなど、様々な文化を生み出し、私達の生活になじんでいます。

バレンタインデーとは

そもそものバレンタインデーの由来ですが、その歴史は西暦1207年2月14日の、ローマにまでさかのぼります。

当時のローマ皇帝であるクラウディウスは、兵士らに家族ができると、軍事力としての士気が弱まると考え、結婚を禁止していました。

これに対し、キリスト教の司祭であったヴァレンチノ(バレンタイン)は、公邸に秘密で、若者たちの結婚を取り仕切っていたため、皇帝は怒り、ヴァレンチノをローマ宗教に改宗させようとしていました。

しかし、ヴァレンチノは、愛の尊さを訴え皇帝に抵抗し、結果、バレンチノは2月14日に処刑されてしまいました。

後世の人々は、ヴァレンチノ祭の勇気ある行動を称え、この日を「聖バレンタイン」として、恋人の守護神としてまつるようになったわけです。

バレンタインデーの手作り簡単レシピ

バレンタインデーの手作り簡単レシピを紹介します!

ガトーショコラ

簡単に作れて、見た目も華やかでプレゼントにぴったりのガトーショコラです♪

【材料】

  • 板チョコ 4枚(200〜240g)
  • バター 45g
  • ココアパウダー 大さじ3
  • 生クリーム 30ml または 牛乳を50ml
  • 卵 2個 (黄身と白身をわけておきます)
  • 砂糖 大さじ3
  • 薄力粉 大さじ1
  • 粉砂糖、苺などトッピング用はお好みでどうぞ

ハンドミキサー、ゴムベラ、ボール、型を使います。

【作り方】

  1. 準備として、好きな焼き型にクッキングシートをひいて、卵は黄身と白身に分けて、チョコレートは小さく割って、オーブンは170度に予熱しておきます。
  2. 湯煎しながら、チョコレートとバターをゴムベラを使って溶かします。
  3. 2に薄力粉、ココアパウダー、生クリームの順で混ぜていきます。
  4. 最後に黄身を入れて、ゴムベラで混ぜましょう。
  5. 綺麗に洗って、よく水気をふき取ったボールを用意し、卵の白身を入れます。
  6. 5に砂糖を加えて、ツノが立つまで、ハンドミキサーでしっかりと混ぜます。
  7. 6に4を2,3回に分けて混ぜていきます。この時、下から上にすくっていくようにして、あまりぐるぐるかき混ぜないように注意しましょう。
  8. 7を型に流し込み、170度で10分、その後150度で35-40分焼きます。
  9. 焼けたら粗熱が取れるまで冷まします。
  10. 粉砂糖をお好みでかけて、切り分けて、サランラップで包んで、ラッピングしましょう♪

ボンボンショコラ

材料】

  • ビターチョコレート約4枚 200g
  • 生クリーム 100ml
  • 無塩バター 5g
  • チョコレート 100g(コーティング用)
  • フリーズドライのいちご 1g
  • チョコレートペン(白) 1本

作り方】

  1. 準備として、バットにクッキングシートを敷いておきます。
  2. 生チョコを作ります。鍋に生クリームを入れ、中火で沸騰直前まで温めたら、ビーターチョコレートを割り入れ、耐熱性のヘラでかき混ぜます。
  3. チョコレートが溶けたら、そこに無塩バターを入れ混ぜます。
  4. バットに3を流しいれ、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
  5. 4が固まったら、バットから取り出し、お湯で温めた包丁で、15等分になるように切り分けます。
  6. ボウルにコーティング用のチョコレートを入れ、湯せんで溶かします。ヘラで混ぜて、溶けてなめらかになったら、湯煎からはずし、粗熱を取ります。
  7. 5でできた生チョコを6のチョコレートに入れ、全体にチョコレートを絡ませたら、フォークで取り出し、網の上で冷まします。
  8. 3を4に入れ、全体に絡ませたらフォークで取り出し、網の上にのせます。半数のチョコの上にフリーズドライのいちごをのせ、残りのチョコは、表面を乾かしておきます。
  9. チョコレートペンを湯煎でとかし、8の残りのチョコにデコレーションします。
  10. 冷蔵庫で30分程冷やし固めたら完成です!ラッピングをしましょう♪

便利で簡単な手作りのキットもあるので、それを使ってもいいですね↓

楽しいバレンタインデーを♪