たけのことお好きな食材を一緒に炊飯器で炊くだけのたけのこご飯。

たけのこの下準備は少々面倒ですが、簡単に作れる料理ですので、たけのこが旬なシーズンにはよく作るというご家庭も多いと思います。

しかし、「いつものたけのこご飯に飽きてしまった」「こだわりのたけのこご飯を作ってみたい」とお考えの方も少なくないでしょう。

そこで今回は、主婦・主夫の強い味方である「家事えもん」のたけのこご飯レシピをご紹介していきます。

調理の際のポイント等も一緒に記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

家事えもん流のたけのこご飯レシピを大公開!!

材料

たけのこご飯の材料

米3合

たけのこの水煮400g

鶏むね肉1枚

生姜15g

インゲン4本

塩少々

砂糖小さじ1杯

酒大さじ1杯

鶏がらスープの素大さじ2杯

特製ソースの材料

ピーナッツバター大さじ2杯

塩少々

ラー油小さじ1杯

ごま油大さじ1杯

おろし生姜小さじ2杯

おろしにんにく小さじ1杯

ポン酢大さじ3杯

レシピ

ステップ1:フォークや爪楊枝等で鶏むね肉に多数穴を空け、塩・砂糖・酒と共に保存袋に入れて10分程放置する

ステップ2:たけのこの水煮を半分に切り、スプーン等で中をくり抜く

ステップ3:くりぬいた内側のたけのこは5mm角に切り、外側はフォークや爪楊枝等で穴を空ける

ステップ4:生姜はみじん切りにする

ステップ5:米を研ぎ3合分の水を入れて、鶏がらスープの素・生姜・たけのこ(外側も内側も)・鶏むね肉(丸ごと)を加えて米を炊く

ステップ6:インゲンを耐熱皿にのせ、塩少々と水を振りかけて、ラップをかけて電子レンジ(500W)で30秒加熱する

ステップ7:インゲンの粗熱が取れたら、小口切りにする

ステップ8:ソースの材料を全て混ぜ合わせる

ステップ9:ご飯が炊けたら鶏むね肉半分(しゃもじで切れます)と外側のたけのこを取り出し、炊飯器に残った鶏むね肉半分をしゃもじでほぐす

ステップ10:炊飯器にインゲンを加えて混ぜる

ステップ11:炊飯器から取り出した外側のたけのこの中にご飯を詰め、ひっくり返してから食べやすい大きさに切る

ステップ12:炊飯器から取り出した半分の鶏むね肉も食べやすい大きさに切る

ステップ13:切ったたけのこご飯と鶏むね肉を器に盛り、ステップ8の特製ソースをかけて完成

これが家事えもん流のたけのこご飯のレシピです。

たけのこにご飯を詰めたり、ピーナッツバターでソースを作ったりと、通常のたけのこご飯とは違う味わいを楽しめますよ。

たけのこが手に入ったら、ぜひ家事えもん流のたけのこご飯を作ってみて下さいね!

家事えもんのたけのこご飯を作る際のポイントを教えて!

鶏むね肉の下準備は忘れずに!

鶏むね肉はきちんと下準備する事で、「味が染み込みやすくなる」「柔らかくジューシーに仕上がる」というメリットが得られます。

その為、少々面倒かもしれませんが、下準備は忘れずに行いましょう。

又、丸ごと炊飯器で炊く事も柔らかくジューシーに仕上げるポイントですので、切らすにそのまま炊飯器に投入して下さいね。

たけのこは自宅で下茹でしたものがオススメ!

家事えもんのたけのこご飯のソースはしっかりした味をしています。

よって、風味が弱めの市販の水煮を使うと、ソースの味にたけのこの味が負けてしまうかもしれません。

たけのこの味や食感を楽しみたい方は、ご自宅で下茹でしたたけのこを使う事をオススメします。

これらの2つのポイントを抑え、美味しいたけのこご飯を作って下さいね!

家事えもんのたけのこご飯レシピで食卓に新しい風を!

今回は、家事えもん流のたけのこご飯のレシピについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

家事えもんのたけのこご飯は、東南アジアの家庭料理「カオマンガイ」という料理がベースになっているそうです。

お、美味しそう!

確かに、ピーナッツバターを使うという点は、日本の家庭料理にはないアイディアですよね。

いつもと違ったたけのこご飯にチャレンジしたい方は、ぜひ家事えもんのレシピを真似してみて下さいね。

上記でご紹介したレシピに、お好きな食材を加えて作るのもオススメですよ。

家事えもんのレシピで、たけのこの新しい美味しさを発見しましょう!