カビの除去に有効なカビキラーはベストセラー商品で、私たちの身近にあるお掃除アイテムですよね。

「カビ掃除にはカビキラーがないと!」というヘビーユーザーも少なくありません。

しかし、中には思ったような効果を得られなかったとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、カビキラーの放置時間や効果をアップさせる方法をご紹介していきますね。

又、カビキラーを使用する際の注意点も記載しています。

カビ掃除を効率よく行いたい方は、ぜひ最後までご覧下さい!

カビキラーの放置時間ってどれくらいなの?

カビキラーの効果を十分に活かすには、スプレー後の放置時間を知る事が大切です。

ここでは、カビキラーの放置時間について詳しく記載していきますね。

カビキラー容器の裏面には、「数分または20~30分程放置して、十分洗い流す」と記載されています。

よって、カビキラーの効果を得るには30分前後の放置時間が必要という事ですね。

しかし、この時間ではカビがしっかり取れない場合もあります。

その際は、6時間~半日程放置していると、頑固なカビが落ちやすくなりますよ。

今まで数分でカビキラーを流していたという方は、上記の放置時間をご参考にして下さいね。

カビキラーの効果をアップさせる方法とは?

ラップ・キッチンペーパーを併用する

カビキラーは吹き付けた後から乾燥が始まってしまいますので、そのままの状態だと効果が減ってしまいます。

しっかりカビを除去するなら、ラップやキッチンペーパーを併用してみましょう。

使用方法は簡単です。

キッチンペーパーの上からカビキラーをスプレーし、ラップをかぶせて放置するだけです。

乾燥を防ぎ有効成分の浸透力をアップさせる事ができますよ。

乾いた場所に使用する

カビを取りたい場所が濡れていると水気がカビキラーに混ざってしまう為、有効成分が薄まってしまいます。

カビキラーを使用する際は、表面が乾いている時に使用するようにしましょう。

カビキラーの効果をアップさせるには、上記の方法が有効です。

頑固なカビを除去する際には、ぜひ試してみて下さいね。

【企画品】カビキラー 400ml×3本パック(本体 替え 替え)【17js11】

価格:658円
(2018/5/28 17:10時点)
感想(5件)

カビキラーを使用する際の注意点とは?

他の洗剤と併用しない

カビキラーは塩素系の洗剤ですので、酸性タイプの洗剤やアルコール等と混ぜると有毒ガスが発生してしまいます。

カビキラーを使用する際は単独で使用し、しっかり洗い流してから他の洗剤を使用するようにしましょう。

換気する

カビキラーは強力な洗剤です。

よって、使用の際は窓を開ける・換気扇を回す等の換気を必ず行いましょう。

又、マスクの着用も忘れないで下さいね。

因みに、マスクを濡らしてから着用すると塩素系漂白剤特有の臭いが軽減されるのでオススメですよ。

保護メガネやゴム手袋を着用する

カビキラーは目に入ってしまうと失明する危険性があります。

その為、保護メガネやゴーグルを着用してから掃除を開始しましょう。

又、直接皮膚にかかると肌荒れを引き起こす場合もありますので、ゴム手袋も着用して下さいね。

注意点をしっかり守り、正しくカビ掃除を行いましょう。

カビキラーの効果を高めてカビ掃除を楽にしよう!

今回は、カビキラーの放置時間や効率的な使用方法についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

カビキラーの正しい放置時間は20~30分程度ですが、頑固なカビには6時間~半日程放置すると効果的です。

又、ラップとキッチンペーパーを併用するのも効率アップのポイントです。

しっかりカビ除去を行う為にも、ぜひ上記の方法で掃除してみて下さい。

正しくカビキラーを使用し、カビ掃除を楽にしていきましょうね!