子供の習い事でバレエの費用はどのくらい?

子供の習い事でバレエは、身体的・精神的な発達や芸術性を高める、また礼儀も身につくということで、人気の習い事です。

ぜひ、わが子にも習わせたい、と思っていても、衣装やシューズやレッスン料、はたまた発表会など、とてもお金がかかりそうなイメージもありますよね。

ということで今回は、その疑問を解決すべく、バレエを始める準備、月謝、発表会などにかかる費用の目安、そしてバレエを習う効果について解説していきます!

子供の習い事でバレエの費用はどれくらい?

入学金・入会金

バレエ教室によっては、入学金や入会金がかかる所があります。

その額には幅があり、個人経営のバレエ教室やカルチャーセンターだと、相場は5,000円~10,000円

さらにプロを目指すなど、本格的なプロのバレエ団が附属しているバレエ学校となると、30,000円~50,000円ほどになることもあります。

お子さんがこのレベルを目指しているかによって、かかる費用がかわってくるのですね。

レッスン着代

バレエを習うのに最低限必要なのが、レッスンをする時に着るレオタード・シューズ・タイツです。

  • レオタードは、1,500円~3,500円ほどです。
  • シューズは、1,000円~2,000円ほどです。
  • タイツは1,000円~2,000円ほどです。足底に穴が開いているタイプや、バレエソックスもあります。

その他にあると便利なアイテムは

  • バレエショーツ
  • レッグウォーマー
  • トップス
  • レッスンバッグやシューズバッグ
  • シニヨン用のシュシュ

などがあります。

月謝

個人経営のバレエ教室やカルチャーセンターでは、幼児から小学生低学年のクラスは週1~2回の所が多く、週1で5,000円~10,000円、週2で10,000円~15,000円ほどかかります。

月謝は、他の習い事とも比べても、そこまで高くはありません。

発表会にかかる費用

バレエの習い事で一番お金がかかるのが、発表会にかかる費用でしょう。その中には

  • 参加費(舞台使用や音響代含む)が、幼児で3万円ほど、小学生で7万円ほど
  • 衣装代がレンタルの場合一着で1万円~2万円、オーダーメイドの場合は5万円~8万円ほど
  • 先生へのお礼やお花代が、3,000円~1万円ほど
  • DVDや写真の購入代が、1万円~1万5千円ほど

バレエの発表会に出るのに、合計で平均10万円ほどかかることになります。

また、学年が上がるにつれ、発表会前の追加のレッスンが行われ、その費用が追加されることがあります。

これだけかかってもバレエを習わせたい親御さんがいるのは、やはりバレエを習うことで得られる、素晴らしい効果があるからでそしょう。

    子供が習い事でバレエをする効果とは

    バレエを習う身体的効果

    美しい姿勢になる

    バレエは鏡で常に自身の姿勢やポーズを確認して、体のしなやかで美しい動きを探求するもの。

    上に体を引き上げることを常に意識しているので、背筋を伸ばした正しい姿勢を保てる筋肉が鍛えられます

    バレエをしている最中だけでなく、普段歩いている時や立っている時や座っている時も、美しい姿勢を保つことができるようになります。

    バランス感覚が身につく

    バレエは、つま先や片足で立つ、ジャンプする、回るなど、様々な動きをする必要があります。

    バレエの複雑な動きを美しく行うためには、芯をしっかりと意識し、バランスを崩さないように訓練しなければなりません。

    この訓練の繰り返しによって、体幹が鍛えられ、バランス感覚を身につけるられるのです。

    バランス感覚を強化することで、疲れにくくなる、けがをしにくい、などのよい効果があります。

    バレエを習う精神的効果

    集中力が身につく

    バレエのレッスンの間は、手や足や体全体の動きに集中し、動きの向上を目指すだけでなく、先生からの指示を聞きそれを実行したり、踊りの振りを覚えたり、他の生徒の動きに注意を向けたりと、様々なことに注意を向け集中する必要があります。

    鍛錬を続けていくことにより、難しいことや同時に色々なことをしなければいけない場面でも、集中し実行する力が身についていきます

    ひとつのことをやり遂げることで自信がつく

    バレエは一つ一つの所作をより綺麗に行えるように、日々鍛錬することを必要とします。

    常にクリアーしなければいけない課題があり、それは時に簡単ではなく、自分と向き合い、時に励まし合い、ひとつひとつをやり遂げていくことを多く経験していきます。

    できなかったことが努力でできるようになった、という経験が子供達に自信を与えてくれます

    忍耐強くなる

    バレエは外から見ればとても美しく優雅なものですが、本人が踊ろうとすると、とても難しいものです。

    ひとつのポジションをとっても、日々の鍛錬が必要で、自宅で練習したり、何度も行うなど、自分との戦いを要することもあり、そういった鍛錬を重ねることによって、忍耐強くなっていきます

    バレエを習う芸術的効果

    音楽性を養う

    バレエに使われるバレエ音楽は、長年愛されてきた美しいクラシックの音楽のリズムや音の強弱、音のニュアンス、音の抑揚に合わせて、身体で表現します。

    レッスンの度に、その素晴らしい音楽に触れあい、音楽と向き合い体で表現することを繰り返すことで、素晴らしい音楽性を養うことができます。

    表現力が身につく

    バレエは、踊りを通して伝えることを想像し、それを身体の細部にわたってくまなく使って表現することが求められます。

    喜び・悲しみ・怒り・楽しさ、様々な感情を美しい曲と共に表現することが鍛錬され、自分を表現する力が身につくでしょう。

    口下手だけど、踊りだと自由に表現できるというお子さんもいることでしょう。

    表現し、相手に伝わる楽しさを味わえるのがバレエなのです。

    子供の習い事でバレエの費用はどのくらい?

    ということで今回は、子供の習い事でバレエの費用がどれくらいかかるのか、またバレエの効果について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

    月謝は、他の習い事と比べても週1で5,000円から10,000円と、同じ位ですが、発表会となると、高額になりますが、舞台の上で、多くのお客様を前に踊り表現することは、かけがえのない経験となるでしょう。

    また、バレエを習うことで、身体的・精神的・芸術的な素晴らしい効果が得られることでしょう。

    カルチャーセンターだと、発表会がないところもありますので、まずは試したいという方は、そこから始めてみるのもいいですね。

    また、本格的にプロを目指す場合は、バレエ団附属のバレエ学校をおすすめします。

    お子さんに合ったバレエ教室に通えますように。