子供の習い事のフィギュアケートの月謝は?いつから始められる?

羽生結弦選手や紀平梨花選手が国際大会で華やかに滑るフィギュアスケートは、本当に魅力的ですよね。

本田姉妹もいますし、フィギュア界はとても盛り上がっています。

お子さんが習いたいと思ったり、ぜひこの素晴らしい習い事をわが子にしてほしい、と思う親御さんもいることでしょうが、まず気になるのが「費用」

お金持ちができる習い事と言われるフィギュアスケートの月謝や、フィギュアスケート用品、振り付け料など、一体どれくらいなのか、気になるところですよね。

ということで今回は子供の習い事、フィギュアスケートについて解説していきます!

子供の習い事のフィギュアケートの月謝は?

子供のためのフィギュアスケートクラブのレッスンの多くは

  • 体験レッスン
  • 集団のレッスン
  • 個別のレッスン
  • プロを目指すためのレッスン

に分けられます。

コースも

  • 幼児コース
  • 小学生コース
  • 一般コース

と年齢で分けられ、その中でもレベルによって分けられるところが多いようです。

また、楽しむためのレッスンや選手を目指すレッスンなど、目指すレベルでも分けられ、費用も上がっていきます。

フィギュアスケートクラブの入会費

フィギュアスケートクラブでは、入会費がかかる所が多く、その場合3,000円~5,000円ほどかかります。

また、事務費やイベント料として年間費5,000円ほどかかったり、スポーツ保険への加入が必要な場合1,500円ほどかかることがあります。

フィギュアスケートの月謝

月謝は、どのレベルを目指すか、によって変わってきます。

楽しむことを目的とした、グループレッスンの場合、月4回で5,000円~10,000円ほど。

これにスケートリンク貸切のレッスンなどが加わると、1回2500円~3000円ほど、プラスされます。(リンクの貸切レッスンでは、普段練習できないような、ジャンプやスピン、曲に合わせるなどのレッスンができます)

選手として、大会に出ることなどを目的としたレッスンの場合、レッスンする回数も増えて、月8回~13回のレッスンで、25,000円~32,000円ほどかかります。

専属コーチに教えてもらう

個人レッスンや、選手としてのレッスンの料金を別途に設けている教室が多く、30分で2,500円~10,000円(先生の経験によって変わってくる)ほどかかります。

フィギュアケートのアイテム

  • スケート靴を入れるバッグやキャリーバッグ 3,000円~18,000円
  • スケート靴 + ブレード 一般的なものは10,000円~30,000円、選手用は十万円以上のものも
  • スケート靴のエッジカバー 1,500円~3,000円
  • エッジケース 1,800円~5,000円
  • 手袋 300円~4,000円
  • 足首までの靴下、またはタイツ 1,000円~6,000円
  • ニット帽 など

が、フィギュアスケートをするに当たって必要なアイテムです。

やはり、一番大切なアイテムであるスケート靴が一番高くなります。

体験レッスンでは、借りれたりしますので、目的やレベルに合わせて購入します。

選手として本格的に習いたい

本格的に選手として大会に出たり、バッジテスト(昇格試験)を受けたい、となった場合は、レッスンの費用だけでなく

  • 振り付け料
  • 道具代

など、その他いろいろな費用がかかってきます。

なので、どんなにリーズナブルなクラブでも、選手として練習するには、月15万~20万円かかることとなり、年間100万円以上の費用がかかることとなります

しかし、楽しむため、フィギュアスケートを習うのは、そこまで他の習い事と差がない費用で習うことができます

子供の習い事のフィギュアケートはいつから習える?

多くのスケートクラブで、3歳児のコースや、幼児コースを設けています。

なので、早いと3歳、または4歳から始めることができます。

3歳では、氷の上で滑ることを楽しみ慣れていくことを目的とし、4歳から徐々にスケートの基礎を学んでいきます

フィギュアケートのメリット・デメリット

フィギュアスケートを習うメリット

表現力が身につく

フィギュアスケートは、氷の上で音楽とテーマに合わせて演技を行うスポーツです。

より美しく個性を表現する芸術的な面を持つと共に、回転しながらのジャンプや、高速のスピンなど、競技的な側面があるスポーツで、それがフィギュアスケートの魅力でもあります。

美しさや芸術的な魅力は、個人によって違ってきます。

自身の個性を知り、自分ならではの表現の技を磨いていくことで、表現力が身に付き、お子さんの大きな自信へとつながっていくでしょう。

スケートならではのスピード感を楽しめる

氷の上をすべることが、フィギュアスケートが他のスポーツとは違う、ひとつの大きな点です。

一歩進むだけですーっと滑る感じや、くるくると回るジャンプなど、他では感じることのできない感覚がとても気持ちいいスポーツでもあります。

お子さんがスピード感を楽しめるスポーツです。

バランス感覚が養われる

スケートリンクは氷でできていて、つるつると滑り安定感がなく、バランスがとりにくい場所です。

しかも、スケート靴についているブレードは細くて長く、普通の靴とは全然違います。

最初は、転ぶことも多いかもしれませんが、そんな状況の中で、立って動くことで、バランス感覚が養われていきます

また、徐々にレベルが上がってくると、回転の技が入ってくるので、三半規管が鍛えられます

フィギュアスケートの動きは、姿勢が良くないとできないので、姿勢を矯正することとなり、姿勢も良くなるでしょう。

氷の上で美しく演技をするフィギュアスケートを通して、身体的能力や芸術性の両方が高められ、お子さんにとっての自信を身につけさせてくれるススポーツです。

フィギュアスケートを習うデメリット

ケガが多い

フィギュアスケートのレベルを高めていくと、ジャンプやスピンなど高度な技の習得必要になってきます。

特に怪我に結びつきやすいのがジャンプで、着地の時に力強く着地してしまうなどをして、足首や腰を痛めてしまうことがあります

ケガをしにくい身体を作るために、陸上トレーニングに力を入れているクラブもあります。

情報が他のスポーツに比べて少ない

近年は、インターネットなどを通じて情報も増えてきましたが、他のスポーツに比べると、まだ上達させるために得たい情報を集めずらいのがフィギュアースケートでしょう。

フィギュアスケートクラブが少ない

平日だけしか開いていない、そもそもクラブ自体が少ない、などが理由で、通い続けることができなくてやめる人もいます。

特別な設備が整っていないとできないスポーツなので、近くにない場合は、通うのが難しくなるでしょう。

日本スケート連盟による、全国のスケートリンクの案内はこちらです↓

子供の習い事のフィギュアケートの月謝は?いつから?

今回は、子供の習い事、フィギュアスケートについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

選手として習うには費用が高額となりますが、楽しむためや体力をつけるためでしたら、他の習い事とそこまで費用は変わらず、習うことができます。

スケートならではの楽しい体験ができ、かつ体力的や精神的にも鍛えられるスポーツです。

お子さんにとって、素晴らしい経験となるでしょう。

通える範囲にスケートリンクがありましたら、選択肢のひとつとして考えてもいいかもしれませんね。