子供の習い事のゴルフは費用がどれくらいかかる?

最近は、“ハニカミ王子”の愛称で親しまれる石川遼さん、さわやかイケメン矢野東さん、高身長で美人の原英莉花さんなど、若い頃から活躍しているゴルフプレーヤーなどの影響もあり、ゴルフへの注目度も上がっています。

さらに、世界ジュニアゴルフ選手権で、小学校1年生で、史上初の2連覇を須藤弥勒(すとうみろく)さんの活躍もあり、ゴルフは子供の習い事としても、人気が出ています。

でも、ゴルフといえばお金持ちの習い事、というイメージがありますよね。

子供の習い事として、ゴルフはどれ位の費用がかかるものなのでしょうか

また、ゴルフを習うメリットや何歳からできるのか、などについても見ていきましょう!

子供の習い事のゴルフは費用がどれくらいかかる?

月謝

ジュニア向けのゴルフは、全国にあるゴルフスクールで、ゴルフ練習場内の野外か、インドアの屋内で始めることが多いでしょう。

入会金がかかることが多く、3,000円~11,000円ほどかかります。

1レッスン50分~60分、3人~5人のグループレッスンで、月4回で5,000円~10,000円ほどかかります。

体験レッスンを設けている所が多く、が1回で1,000円~1,500円ほどかかります。

月謝が5,000円代の所も多いので、他の習い事と比べても同じ位でゴルフを習うことができるのですね!

ゴルフ道具代

ゴルフスクールによっては、クラブやシューズが全て無料でレンタルできる所も多いので、初期費用をかけることなく始めることも可能です。

これから続けるかまだ分からない時などは、こういった所を選ぶのもいいですね。

それらをレンタルするにして、ウェアも自由な所が多いですし、靴も運動靴で大丈夫です。

グローブは最初から用意する必要がありますが、安く数百円で買えるものもあります。

ヨネックスのジュニアゴルフ用のグローブです↓

習い続けたい、となれば自分用のゴルフクラブなどが必要になってきますが、子供用のゴルフセットは大人よりも本数も少ないです。

幼児で3本、小学校低学年で6本位用意すればいいでしょう。

こちらの7歳~11歳用のゴルフクラブのスターターセットは、ドライバー・7番アイアン・パターが入って1万円以下です↓

プロゴルファーになるまでにかかる費用

ではここからは、いざプロゴルファーを目指したら、どれ位の費用がかかるのかを見ていきましょう。

本格的にプロを目指すとなると、グループレッスンではなく、個別のレッスンが必要になり、一気に費用が上がります。

また、ラウンドレッスンや、大会に参加する、ゴルフ道具なども費用がかかります。

ゴルフ道具代

楽しむためでなく、プロゴルファーを目指すとなると、道具もそれなりの物を用意する必要があります。

  • ゴルフクラブ 2万円~
  • ゴルフウェア 1万円~
  • ゴルフシューズ 7,000円~
  • レインウェア 6,000円~
  • グローブ 600円~
  • ゴルフバッグ 8,000円~
  • ゴルフボール 1球90円~
  • ティー 1セット600円~

一式そろえるには約5万円ほどかかり、ゴルフクラブ・ゴルフウェア・シューズ・レインウェア・グローブなどは、子供の成長に合わせて買い替える必要があります。

プロを目指して本格的に習うために必要な出費ではありますが、安くはありませんね。

レッスン料

プロになるためには、プロにゴルフを習う必要がありそのレッスンには

  • グループレッスン
  • マンツーマンレッスン

があります。

上達してくるとグループレッスンでは学べることが少なくなり、自ずと各々に合ったアドバイスをもらうために、個別のレッスンが必要になってきます。

そして、個別のレッスンは、1レッスン1時間~2時間で1万円、30分で5,000円、ほどの料金設定をしている所が多いようです。

打ちっぱなし、自主練の費用

上達するためには自主練習は必須ですが、ゴルフはどこでも練習できるスポーツではないので、施設が整った場所で練習する必要があります。

そこで「打ちっぱなし」といわれる練習場で練習することになります。

この打ちっぱなしに必要な費用は

  • 入場料(打席料)
  • ボール代

です。

打席料は場所や地域によって変わってきますが、100円~500円ほど。

ボール代は、平日と休日で変わってきて、まだ2階立ての場合は、2階から打つ方が安くなり、1球10円~30円ほどとなっています。

ということで、1回の打ちっぱなしに100球打つとすると、1,100円~3,500円ほどかかることになります。

コースレッスン(ラウンド)の料金

ゴルフはラウンドを回って競うスポーツですので、実際にコースを回ってのレッスンを受けることも大切です。

ゴルフがお金持ちのスポーツというのは、実際このラウンドの費用が高いためでしょう。

コースレッスンが、1回で5,000円~2万円ほどかかってきて、月1回ほどは出る必要があります

また、セルフラウンドの場合、ジュニアだと平日1,500円ほどでできる場所もあります。

その他、大会への参加費用や遠征費用もかかってきます。

ゴルフを子供の習い事におすすめする理由

  • 礼儀作法が身につく
  • 生涯にわたってプレーすることができる
  • 集中力が身につく

礼儀作法が身につく

ゴルフは、「紳士淑女のスポーツ」と言われるほど、服装のマナーや挨拶を丁寧にすることが重視されます。

ゴルフのルールブックには、ルールよりもマナーが先に書いてあるほどなのです。

また、他のスポーツとは違い、プレーしている最中に審判がいず、自らがずるをしないように律しなければいけないスポーツなのです。

このようなことからも、ゴルフは、礼儀やマナーを学べるスポーツであるのです。

生涯にわたってプレーすることができる

ゴルフは、他のスポーツと違って、走ったりジャンプしたりすることがないので、心拍数を上げるスポーツではありません。

なので、子供の頃から、高齢になっても続けることができます

生涯にわたっての趣味を持てるというわけです。

また、ゴルフは仕事でも接待の際のコミュニケーションとしてよく行われるスポーツであり、大人になってからゴルフの知識や技術があることが、仕事に活かされることもあります

仕事だけでなく、家族や友達とゴルフをするなど、コミュニケーション手段としても、ゴルフは習っていると良いでしょう。

集中力が身につく

ゴルフは、ちょっとしたブレのせいで、ボールが曲がってしまったり、思わぬ方向に飛んで行ったりしまったりするスポーツですので、集中してプレイする必要があります。

1球1球集中してプレイすることで、集中力を身につけることができるでしょう。

3歳でも習い事のゴルフはできる?

ゴルフを何歳から習わせるべきか、について見ていきましょう。

男子・女子共にプロゴルファーは、早くて3歳から、遅くても10歳頃から始めています

始める時期が早ければ早いほど「ゴルフの感性は磨ける」といえますが、何歳から始めた方がいい、というのはゴルフをプレイする人の素質ややる気にも関わってくるので、一概に決めることは難しいです。

多くのゴルフスクールで、4歳から通うことができます

ただ、ゴルフは生涯にわたってできるスポーツですので、お子さんが興味を示した時に始めるのが、いいかもしれませんね。

ジュニア向けのゴルフスクールは全国にあります。

全国のゴルフスクールはこちらから探すことができます↓

子供の習い事のゴルフは費用がどれくらいかかる?

ということで今回は、子供の習い事のゴルフは、費用がどれ位かかるのか、などについて見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。

ゴルフを楽しんでみたい、というお子さんでしたら、他の習い事と大差ない費用で始めることができます。

クラブやシューズを無料で貸し出ししている所も多いですし、体験レッスンを設けている所もありますので、ぜひお試しすることをおすすめします。

大人になってからもお仕事や友人、家族とのコミュニケーション手段ともなる、生涯にわたって楽しめるスポーツですね。