浴室・窓のゴムパッキン・トイレ等の掃除に使えるジョンソンのカビキラーや花王のカビハイターは、たくさんのご家庭で愛用されている掃除アイテムですよね。

両方とも優秀なカビ取り剤というのは間違いありませんが、「どう違うんだろう?」「どっちが効果的なんだろう?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、カビキラーとカビハイターの違いについてご紹介していきます。

又、カビキラーやカビハイターの効果をより高める掃除方法も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

カビキラーとカビハイターの違いを教えて!どちらが効果があるの??

カビキラーとカビハイターの違いをご説明する前に、まずは2つの商品の成分についてご紹介していきますね。

液性

カビキラー・カビハイター共にアルカリ性

成分溶剤

カビキラー・カビハイター共に水

酸化剤

カビキラー・カビハイター共に次亜塩素酸塩

安定化剤

カビキラー:安定化剤 / カビハイター:キシレンスルホン酸ナトリウム

アルカリ剤

カビキラー・カビハイター共に水酸化ナトリウム

界面活性剤

カビキラー:アルキルアミンオキシド&アルキルスルホン酸ナトリウム&アルキル硫酸エステルナトリウム

カビハイター:アルキルアミンオキシド&直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム&純石けん分(脂肪酸ナトリウム)

泡調整剤

カビキラー:なし/ カビハイター:ポリエチレングリコール硫酸エステルナトリウム

上記がカビキラーとカビハイターの違いです。

ほとんどの成分が同じですので、効果にも大きな変わりはありません。

違いは「次亜塩素酸塩の濃度が多少違う」「界面活性剤の成分が違う」「泡調整剤が含まれているかいないか」という点ですね。

しかし、この違いもわずかなもので、カビ取り剤としての効果に大きな差が出る程ではありません

あえて言うなら、カビハイターには泡調整剤が含まれていますので、泡の持ちが良いカビハイターの方が効果を実感しやすいかもしれませんね。

カビキラーもカビハイターも優秀なカビ取り剤ですので、あなたのお好きなメーカーを選んでみて下さい。

カビキラーとカビハイターの効果を高めて掃除しよう!

カビキラーやカビハイターをカビにスプレーすると、液垂れが生じてなかなか効果を実感できないとお悩みの方も多いでしょう。

その場合は、キッチンペーパーとラップを使って液垂れ防止・浸透力アップを狙いましょう。

方法は簡単です。

ステップ1:カビを取りたい部分の水気を拭き取る

ステップ2:カビ取り剤をスプレーする

ステップ3:キッチンペーパーをかぶせる

ステップ4:さらにカビ取り剤をスプレーする

ステップ5:その上からラップをかけて放置(放置時間はカビの具合を見て調節して下さい)

ステップ6:水で洗い流して完了

いつもの使用方法ではカビがきちんと取れない場合は、上記の方法を試してみて下さいね!

強力浸透成分配合「カビキラー」↓↓↓

【企画品】カビキラー 400ml×3本パック(本体 替え 替え)【17js11】

価格:658円
(2018/5/29 13:48時点)
感想(5件)

強力カビの根まで撃退「カビハイター」↓↓↓

【企画品】強力カビハイター 本体 つけかえ用 ペアセット ドラゴンボールデザイン 800mL

価格:486円
(2018/5/29 13:48時点)
感想(2件)

カビキラーやカビハイターでカビをスッキリ綺麗にしよう!

今回は、カビキラーとカビハイターの違いについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

カビキラーとカビハイターの成分は少し違いますが、カビ取り剤としての効果に大差はありません。

あなたのお好きなメーカーのものを使うといいでしょう。

又、カビキラーにはゴムパッキン用・キッチン用・洗濯槽用等が、ハイターにはトイレ用・排水溝用・パイプ用等の種類があります。

用途に合った洗剤をチョイスし、家中のカビにバイバイしてしまいましょう!