お風呂用のカビキラーとキッチン用のカビキラーの成分表を見ると、ほとんど同じ内容という事をご存知ですか?

これだけ見ると「キッチンでもお風呂用のカビキラーを使えるのでは?」と考えてしまいますよね。

しかし、食品を扱うキッチンで使っても問題ないのかと不安に思われる方も多いでしょう。

そこで今回は、お風呂用のカビキラーとキッチン用のカビキラーの違いについてご紹介していきます。

又、お風呂用のカビキラーをキッチンで利用する場合の使い方も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

お風呂用のカビキラーとキッチン用のカビキラーの違いとは?

お風呂にはお風呂専用のカビ取り剤・キッチンにはキッチン専用のカビ取り剤・排水口には排水口専用のカビ取り剤と、洗剤を分けて掃除している方は多いと思います。

しかし実は、お風呂用のカビキラーもキッチン用のカビキラーも含有成分はほとんど一緒なのです。

大きく違う点といえば「香料」です。

お風呂用のカビキラーには塩素特有の臭いを消す為に、香りのきつい香料が含まれています。

その為、食器や調理器具に使用すると臭いが移る可能性が高いですので、これらに使用するのはオススメできません。

よって、お風呂用のカビキラーはシンク周りのゴムパッキンの掃除等に役立てて下さいね。

又、お風呂用のカビキラーとキッチン用のカビキラーでは次亜塩素酸ナトリウムの濃度が若干違っており、キッチン用の方が薄くなっています。

しかし、効果に大差はないので、「酷いカビにはお風呂用のカビキラー」「通常のカビにはキッチン用のカビキラー」と分ける必要はないでしょう。

カビキラーはお風呂でもキッチンでも使えますが、塩素の臭い移りがあるという点だけ、覚えておいて下さいね!

カビキラーの使い方をご紹介!キッチンのゴムパッキンもきれいに!!

キッチンのシンク周りのゴムパッキンって、放っておくと厄介な黒カビが生じてしまいますよね。

そんな黒カビはカビキラーで撃退してしまいましょう!

用意する物:カビキラー・キッチンペーパー・ラップ・布巾(いらなくなったタオル等でもOK)

ステップ1:カビキラーをかける前にしっかり水気を拭き取る

ステップ2:カビ部分にカビキラーをスプレーし、キッチンペーパーをかぶせる

ステップ3:さらにカビキラーをスプレーし、その上からラップで湿布する

ステップ4:2~3時間(カビが酷い場合は半日ほど)放置

ステップ5:水で洗い流すか、布巾で拭いて洗剤を完全に取り除けば完了

上記の方法でゴムパッキンの黒カビを除去する事ができます。

ポイントはキッチンペーパーとラップを使用する事です。

こうする事でカビキラーの蒸発防止・液垂れ防止・浸透力アップの効果を得る事ができますよ。

又、カビキラーをスプレーする前は水気をきちんと拭き取る事も大切です。

水が付着していると有効成分が薄れてしまいますので注意して下さい。

カビキラーを使用してゴムパッキンのカビも綺麗にしていきましょうね!

キッチンでもカビキラーを使って厄介な汚れを除去しよう!

今回は、お風呂用のカビキラーとキッチン用のカビキラーの違いと、シンク周りのゴムパッキンの掃除方法についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

お風呂用のカビキラーとキッチン用のカビキラーでは、香料が含まれているかいないかが大きな違いになってきます。

お風呂用は香料がきついですので、食器や調理器具に付着しないように気を付けるといいでしょう。

食器や調理器具に使用する場合は「カビキラー 除菌@キッチン 漂白・ヌメリとり」という商品がオススメですよ。

カビキラー 除菌@キッチン 漂白・ヌメリとり 付替(400g*3コセット)【カビキラー】

価格:840円
(2018/5/29 14:03時点)
感想(0件)

シンク周りのゴムパッキンにはお風呂用のカビキラーを使えますので、ぜひ利用してみて下さい。

【企画品】カビキラー 400ml×3本パック(本体 替え 替え)【17js11】

価格:658円
(2018/5/29 14:04時点)
感想(5件)

カビキラーを使ってキッチンのカビ汚れを除去していきましょうね!