じゃがいもに黒い斑点が!これって食べられる?食べられない?

スーパーやコンビニでも購入できるじゃがいもは、私たちの食卓には欠かせない食材ですよね。

しかし、料理に使う際に黒い斑点が見られたり、茶色い斑点が見られたりして食べるのを戸惑った経験はありませんか?

少しの斑点なら問題ありませんが、1つのじゃがいもに複数の斑点があると、「破棄した方が良いのでは?」と疑問が浮かんできますよね。

そんなあなたの為に、今回はじゃがいもの黒い斑点や薄茶色の斑点の正体についてご紹介していきます。

又、黒くなった・茶色くなったじゃがいもは食べられるのかどうかも記載していますので、ぜひ毎日の調理の際に役立てて下さいね!

じゃがいもの黒い斑点の正体とは?これって食べられるの??

じゃがいもの黒い斑点の正体とは?

じゃがいもの中に含まれている儒フェノールと鉄分の含有量が多い際、この2つが結合して暗褐色の「ジフェノール化合物」という物質が生成されてしまいます。

じゃがいもの皮を剥いた時、黒い斑点が現れたのなら、このジフェノール化合物が原因と言えるでしょう。

少々面倒かもしれませんが、たっぷりの水の中にじゃがいもを浸けてしっかりアク抜きを行いましょう。

食べても大丈夫なの?

じゃがいもに黒い斑点が見られた場合でも、人体に悪影響を及ぼす事はありません

よって、黒い斑点の部分を取り除けば食べる事はできます。

しかし、商品価値は極端に低下しますので、じゃがいもを購入したお店で交換してもらう事も可能ですよ。

黒い斑点がどうしても気になるという方は、販売店に商品とレシートを持って交換してもらうようにお願いしてみてはいかがでしょうか。

じゃがいもの皮に黒い斑点がある場合は食べられる?

じゃがいもの皮に黒い斑点がる場合は、アルカリ性の土壌に発生する「ソウカ病」が原因です。

しかし、植物の病気は食べる分には人体に悪影響を及ぼしません。

よって、黒くなった部分を厚めに切り取れば食べられますよ。

皮を剥いた後のじゃがいもに薄茶色の斑点がある場合は食べられる?

ジャガイモの皮をピーラー等で薄く剥いた際、薄茶色の斑点が見られる事もあります。

その際は、もう少しだけ皮を剥いて、斑点がなくなればたっぷりの水に浸してアク抜きすれば食べる事ができます

アク抜きだけでは不安という方は、茹でて熱を通すといいでしょう。

光や日に当たると上記のようなトラブルが生じやすくなるので、すぐに食べない場合は正しく保存するようにして下さい。

調理してみてどうしても気になる場合は、取り除く事で食べる事ができます。

じゃがいもの無駄を防止する為にも、正しく対処して美味しくいただきましょうね。

じゃがいもにある黒い斑点は取り除いてたべましょう!

今回は、じゃがいもに表れる黒い斑点についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか。

じゃがいもの皮を剥いた際に表れる黒い斑点や薄茶色の斑点、そして皮に見られる黒い斑点も、基本的には取り除く事で食べる事ができます

しかし、「体に悪そう」「今日買ったばかりなのに」と思われる方は、そのまま販売店に持ち込んで交換してもらうといいでしょう。

1つのじゃがいもに斑点があるからと言ってすぐに捨ててしまうのはもったいないです。

交換してもらったり、黒い部分だけを取り除いたりして、食べられる部分は無駄なく料理に使う事をオススメします。

私たちの身近にあるじゃがいもだからこそ、食材を破棄する量を減らしていきましょう!