冷蔵庫を見ると高確率で常備している「玉ねぎ」。

様々な料理に使える万能野菜ですよね。

そんな玉ねぎですが、あなたは玉ねぎの芯がどこにあるのかご存知ですか?

又、玉ねぎの芯には毒がなく、人間が安心して食べられるものなのでしょうか?

この質問に疑問を持たれたあなたの為に、今回は玉ねぎの芯の場所と毒の有無についてご紹介していきます。

又、玉ねぎの芯の取り除き方等も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

玉ねぎの芯ってどこ?芯の取り除き方を教えて!

キャベツの芯・白菜の芯・ピーマンの芯等、野菜の芯の部分は見ると分かりますが、「玉ねぎの芯ってどこなの?」と疑問を持たれている方は案外多いのではないでしょうか?

実は、玉ねぎの芯というのは、玉ねぎのお尻の部分の事を指します。

玉ねぎを土から掘り出すと根っこが付いていますよね?

この根っこの部分が玉ねぎの芯にあたるのですよ。

玉ねぎの芯は少し固くなっている為、取り除いて料理に使う方が多く、その為に下記のような手段で芯を取り除いています。

玉ねぎの芯・取り除き方1:玉ねぎを半分に切ってから、芯の部分に包丁の刃元を差し込んでくり抜く

玉ねぎの芯・取り除き方2:玉ねぎを半分に切ってから、切り口を下に向けて三角に切り取る

上記のような方法で取り除くのが一般的なようですね。

しかし、芯が少し固いからと言って取り除いてしまうのはなんだかもったいないですよね・・・。

「もしかして芯は食べられないの?」という疑問さえ持ってしまいます。

そこで、下記では玉ねぎの芯が食べられるのか、食べられないのかについてご紹介していきますね!

玉ねぎの芯には毒がある?人間が食べても問題ないの?

結論から言いますと、玉ねぎの芯は食べても問題ありません!

ごくたまに「玉ねぎの芯には毒があるから食べない方が良い」という意見が見られますが、これ間違いです。

上記でも記載しましたが、玉ねぎの芯は他の部分と比べて少し固いです。

しかし、芯が人体に悪影響を及ぼす事はありませんので安心して下さい。

又、玉ねぎを半分に切ると中心部分が緑色になっている事もありますよね。

この場合も、緑の部分は食べられますので、捨てずに料理に使って下さい。

野菜の捨てる部分を減らして、食材を有効に使いましょうね!

玉ねぎを切ると茶色い部分が!これは毒?食べちゃダメなの??

玉ねぎを切ると、一層だけ茶色くなっている部分が出て来る事もありますよね。

この茶色い部分は腐っている部分です。

よって、この場合は食べる事ができません。

しかし、茶色い部分があっても玉ねぎ本来の白い部分は食べる事ができますので、腐っている部分だけを取り除いて他は料理に使用しましょう

丸ごと捨ててしまうのはもったいないので、面倒かもしれませんがきちんとチェックして食べられる所と食べられない所を見極めましょうね。

玉ねぎの芯に毒はありません、取り除いて食べましょう!

今回は、玉ねぎの芯はどこか、芯はどのように取り除くかについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

玉ねぎのお尻にある芯の部分はやや固めですので、料理に使った際は多少の違和感があるかもしれません。

しかし、毒もなく人体に悪影響を及ぼす事もありませんので、上手に利用して玉ねぎの破棄部分を減らしていきましょうね。

又、玉ねぎの緑色になった部分も食べられます。

しかし、茶色い部分は腐っているという事ですので、切り分ける際は注意してくださいね。