「れんこんを切ったら黒い斑点があった!」

「れんこんをスライスしたまま放っておいたら、いつの間にか黒い斑点が!」

このように、れんこんの見た目が変化してしまう事は多々あると思います。

こうなると食べられるのかどうか気になりますよね・・・。

そこで今回は、れんこんに黒い斑点が生じる理由についてご紹介していきます。

又、黒くなったれんこんは食べられるのか、破棄した方がいいのか等の疑問にもお答えしていますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

れんこんに表れる黒い斑点は何?これって食べられるの??

切った時点で黒くなっている場合

れんこんを切った時点で黒い斑点が見られる場合、れんこんの鮮度が落ちている証拠です。

腐っているわけではありませんので、よく洗い食べる事も可能です。

腐っているれんこんについては下記で詳しく記載していますので、そちらをご確認頂いた上で食べるか・食べないかを見極めて下さいね。

切って放置していると黒くなってしまった場合

切ってしばらくすると徐々にれんこんが黒くなってきた場合は、れんこんに含まれるポリフェノールが原因です。

ポリフェノールは酸素と結合する事で黒ずんでしまう特性を持っています。

その為、れんこんに黒い斑点が出現してしまうのです。

しかし、黒い原因はポリフェノールですので、何の問題もなく食べる事ができますよ。

又、れんこんを酢水に浸ける事で黒くなるのを防ぐ事ができますので、れんこんを切る際は事前に酢水を用意しておき、切りながら浸けていくといいですよ。

れんこんの黒い斑点をなくすだけで、料理の見た目もよくなりますので、ぜひ試してみて下さい!

れんこんは腐るとどうなる?食べられないれんこんの特徴は??

れんこんは、鮮度が落ちていたりポリフェノールによる変色があったりしますので、腐っているかどうかの見分けが付けにくいです。

しかし、「間違って腐った物を食べてしまった!」というトラブルは回避したいですよね。

そこで、確実に腐っているれんこんの特徴を下記にまとめましたので、しっかり確認して下さい!

腐っているれんこんの特徴

その1:皮の部分が真っ黒

その2:れんこんの穴の部分が真っ黒

その3:れんこんの中は乾燥しているのに、表面はヌメヌメしている

その4:カビのようなものが見られる

その5:ぶよぶよと柔らかくなっている部分がある

その6:異臭がする

上記が腐っているれんこんの特徴です。

これらに当てはまるれんこんは食べないように注意して下さいね!

れんこんの賞味期限って?冷凍保存はできる??

れんこんは日持ちしにくい野菜です。

よって、賞味期限は冷蔵庫で保存している場合1週間、カット済みのれんこんに関しては2~3日程しか持ちません。

上記のようにれんこんを腐らせてしまわない為にも、購入後は早めに食べてしまいましょう。

又、どうしても食べきれないという場合は冷凍保存する事をオススメします。

冷凍保存すると約1か月は日持ちしますし、料理に使いやすくなりますので、ぜひ試してみて下さい。

れんこんの冷凍保存方法とは!

それでは、れんこんの冷凍保存方法をご紹介しますね。

ステップ1:れんこんの皮を剥き、お好みのサイズにカットする

ステップ2:ステップ1のれんこんを酢水に浸け、1~2分程アク抜きする

ステップ3:お湯を沸騰させ、アク抜き後のれんこんを投入してサッと茹でる

ステップ4:れんこんをザルにあけ、水気をよく切る

ステップ5:密封できる保存袋に入れ、冷凍庫で保存すれば完了

解凍する際は、料理にそのまま入れるだけでOKなので、手間がかかりませんね。

れんこんを長持ちさせる為にも、冷凍保存を活用してみて下さい!

れんこんの黒い斑点を防止して料理の美しさをアップさせよう!

今回は、れんこんに黒い斑点が生じる理由と、れんこんの保存方法についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

れんこんに黒い斑点が現れる理由は2つ。

1つ目は鮮度が落ちている為、そして2つ目はポリフェノールが影響している為です。

しかし、黒い斑点があっても人体に影響はないので安心して下さい。

注意するべきは「腐っているかどうか」です。

明らかに腐っているれんこんを食べると下痢や嘔吐等の不調が表れますので、絶対に食べないで下さいね。

れんこんの鮮度をきちんと見極め、管理して美味しい料理に変身させましょう!