毎年、夏になると蚊に刺される事が多くなりますが、あなたは日本に生息する蚊の種類についてご存知ですか?

蚊は世界に約3000種類も存在し、日本だけでも100種類の蚊が生息しています。

しかし、全ての蚊がヒトの血を吸うわけではありませんし、私たちの身近にいない蚊もいます。

そこで今回は、日本でよく見る蚊の種類についてご紹介していきます。

又、蚊の危険性や蚊に刺されない為の対処法等も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

日本でよく見られる蚊の種類をご紹介!

アカイエカ

日本の蚊の中で最も一般的なのが、このアカイエカです。

主に夜の屋内で活動するのが特徴的で、ヒトの血だけでなく犬や鶏等の血も好んで吸います。

時には犬のフィラリアを媒介する事もありますので、注意が必要です。

アカイエカに刺されると、その部分の腫れが引くのは早いですが、痒みが残るのが厄介な点ですね。

チカイエカ

チカイエカはアカイエカに見た目が似ているのですが、夜だけでなく昼間も活動しており、さらに冬場にも見られる蚊です。

蚊が脊椎動物の血を吸うのは産卵前のメスだけなのですが、このチカイエカは1回目の産卵時には血を吸わないという特性を持っています。

そして、チカイエカに刺されると、アカイエカと同じような症状が出ます。

ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)

ヒトスジシマカは、体が黒く足の関節部分が白いのが特徴的です。

主に屋外で見かける蚊で、昼間から夕方にかけて活動します。

屋外で蚊に刺され、痒みも腫れも酷い場合はヒトスジシマカに刺されたと思ってもいいでしょう。

日本には100種類程の蚊がいますが、血を吸うのは20種類ほどで、その中でも、私たちの日常でよく見かけるのが上記の3種類の蚊です。

これから蚊を見かけたら、どの種類かチェックですね!

実は危険な蚊!蚊の本当の害は痒みではなかった!

蚊に刺されると痒くなるのはなぜ?

蚊は血を吸う際、血が固まるのを防止する成分(抗凝血作用物質)を含んだ唾液を注入します。

すると、その蚊の唾液に対してアレルギー反応が生じます

その結果、腫れを伴う痒みが出てくるのですね。

なんとも迷惑な話ですよね・・・。

しかし、蚊の害で本当に怖いのは痒みや腫れではありません!

下記では蚊の危険について記載していますので、必ず読んで下さいね。

病気を媒介する蚊の危険性とは?

蚊の最大の被害といえば、「病気の媒介」です。

日本では日本脳炎とデング熱が有名ですね。

日本脳炎に関しては現在、年間で一桁の患者数ですが、高熱や昏睡を招いてしまいます。

そしてデング熱は、高熱・関節痛・筋肉痛・発疹等を引き起こし、これが原因で死に至る場合もあります。

いずれの病気も、蚊は危険だという事が分かりますね。

これらの感染を避けるには、「蚊に刺されない事」が大切です。

夏場は特に蚊に刺される事が増えますので、屋内でも屋外でもきちんと蚊対策を行ないましょう。

きちんと蚊対策を行い危険を回避しよう!

屋外編

暖かい季節になると屋外で活動する事が増えますよね。

キャンプや海水浴等、楽しい事が盛り沢山です。

しかし、蚊の危険を回避する為にも、きちんと蚊対策をしなくてはいけません。

・蚊よけスプレーを使用する

・長袖や長ズボンを着用して、なるべく露出を控える

・遊ぶ場所付近や作業する場所付近に殺虫剤を撒いておく

上記のような対策をとりましょう。

屋内編

蚊は屋内でも生息しますので、私たちが一番安心できる自宅でも危険が隣り合わせなのです。

・玄関や窓をきちんと閉める

・蚊用の殺虫剤を使用する

屋内でも蚊に刺されない為の工夫をしましょう。

蚊の怖さを知って蚊対策を取り入れよう!

今回は、日本の蚊の種類と蚊の危険性についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

日本でよく見かける蚊は、アカイエカ・チカイエカ・ヒトスジシマカの3種類で、いずれの蚊も見た事があると思います。

冬場に蚊に刺された際はチカイエカの疑いがありますが、夏場の場合は、上記3種の蚊のせいだと思ってもいいでしょう。

これらの蚊に刺されると痒いし、腫れるしで、とてもイライラしますよね。

しかし、本当の怖さは病気の媒体です。

日本脳炎やデング熱に冒されないよう、日頃からきちんと蚊対策を行いましょう。

蚊の被害を受ける事なく、夏を楽しんで下さいね!