目の奥が痛い原因って?頭痛を伴う目の痛みの対処法を教えて!

「今日もまた目の奥が痛い・・・」

「目の奥が痛くて、頭まで痛くなってきた」

このような症状がある場合、ただの疲れ目と勘違いしてしまう方は多くいらっしゃいます。

しかし、疲れ目というのは比較的改善しやすい症状です。

それなのに、目の奥の痛みが続いたり、頭痛を伴う目の奥の痛みがある場合、他の疾患が潜んでいる可能性があります。

そこで今回は、なかなか治らない目の奥の痛みの原因についてご紹介していきます。

また、目の奥の痛みが頭痛を引き起こすメカニズムや、目の奥が痛い時の対処法等も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね。

目の奥が痛い原因って何?疲れ目とは違うの??

目の奥が痛い原因として最も多いのが「眼精疲労」です。

眼精疲労とは、目の筋肉や神経を酷使し過ぎて疲労が溜まっている状態の事を指します。

よく「疲れ目」という言葉を聞きますが、これは目の周りの筋肉が疲労する事で生じる現象です。

しかし、疲れ目の場合は目を閉じて休ませたり、きちんと眠る事ですぐに改善が見られます。

それに対し、眼精疲労は目を休ませてもなかなか改善しないのが特徴的です。

理由は目の疲れを回復させる為に、筋肉や神経がさらに働いてしまうからです。

つまり悪循環に陥ってしまう為、改善が難しく症状が長期化してしまうのですね。

これが目の奥が痛くなってしまう原因です。

目の奥の痛みが頭痛を招くメカニズムとは?

目の筋肉や神経が疲労し痛みが生じると、その痛みは顔全体・首・肩等にも広がっていき、さらにその部分を通る神経にさえも悪影響を及ぼします

そのため、眼精疲労と共に頭痛が生じてしまうのです。

頭痛を伴う目の奥の痛みが長期化すると、毎日が非常に辛いと思います。

症状が酷い様なら「ただの眼精疲労だし」と軽視せず、眼科を受診してみましょう。

また、頭痛を伴う目の奥の痛みに加え、こめかみにも痛みが生じている場合、「群発頭痛」が原因の可能性もあります。

群発頭痛とは慢性頭痛の一種で、目の奥が異常に痛むという特徴を持っています。

さらに、一定期間において繰り返し痛みが襲ってくるのも群発頭痛の特徴です。

・毎日決まった時間に痛みが出る

・1年を通していつも決まった時期に痛みが出る

という風に、定期的に目の奥の激しい痛みとこめかみの痛みが生じるなら群発頭痛の可能性がありますので、こちらも一度病院を受診する事をオススメします。

この他にも、頭痛を伴う目の奥の痛みを引き起こす原因は多数あり、脳腫瘍・歯周病・うつ病等の病気が潜んでいる危険性もあります。

もし病気が原因であるなら一刻も早く治療を始めなくてはいけません。

「ただの疲れ目」「ただの頭痛」と軽く考えず、医師の元で適切な治療を行っていきましょう。

目の奥が痛い時の対処法を教えて!

蒸しタオルで目を温める

眼精疲労の影響で目の奥が痛む時は、蒸しタオルで目の周りを温めると症状が緩和されます。

目周辺の血行を促す事で筋肉に溜まった疲労物質が排出されますので、痛みが和らぎますよ。

蒸しタオルを用意できない場合は、市販のホットアイマスクを活用するのもオススメです。

眼精疲労からくる目の痛みは温めて症状を緩和しましょうね!

電子レンジであたためて繰り返し使えるホットアイマスクはこちら!↓↓↓

ホットアイマスク 繰り返し使える レンジで温めるだけ! セラミックビーズ アイピロー グレー ベージュ 2カラー/目の疲れ/目の下のクマ/目の下 たるみ 解消/目のクマ/目の下のたるみ/目のくま/アイマスク かわいい/アイマスク 安眠

価格:1,580円
(2018/7/10 04:36時点)
感想(29件)

ツボ押し

眼精疲労による目の奥の痛みにはツボ押しも効果的です。

ここでは、目の奥の痛みを和らげるツボを3つご紹介しますね。

瘂門(あもん)

首の後ろの筋の中央にあるツボで、上を向いた時にくぼみができる場所が瘂門です。

両手の中指を重ね、優しく5秒ほど押してゆっくり戻す指圧方法でツボを刺激しましょう。

攅竹(さんちく)

眉の内側にあるツボで、生え際の少し下あたりのくぼんでいる場所が攅竹です。

眉の位置は人それぞれ違いますので、目頭の真上を探ってくぼみを見つけてみてください。

このツボは、左右の指で揉むように刺激しましょう。

瞳子膠(どうしりょう)

目尻から親指一本分外側にあるツボです。

左右の指で円を描くように指圧しましょう。

上記が眼精疲労に効くツボです。

「目が疲れだしたな」と思ったら、サッと指圧して症状を抑えましょう。

目の奥が痛い時は放っておかないで正しい処置を!

今回は、目の奥が痛む原因や、眼精疲労が頭痛を引き起こすメカニズム等をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

目の奥が痛いときは、上記でも記載したように他の病気が潜んでいる可能性もありますので、症状が酷い場合は病院を受診してくださいね。

また、目の奥が痛い時は応急処置として、目を温めたり、ツボを押したりして症状を緩和させましょう。

目の奥の痛みを放っておくと、症状が長期化してさらに辛い思いをしなくてはいけません。

そうならない為にも、早めに対処する事を心掛けましょう!